ブログネタ
コーヒー・紅茶 に参加中!
53

そういうわけで、快進撃を続ける"セブンスカフェ"のコーヒーメーカーの『凄さ』は『気密が悪いこと』でしょう。

と、いうのはあの「気密の悪さ」で「豆を挽いたときの香り」というすばらしいボーナスをあのコーヒーの味に加えているからです、誰が開発者か知りませんが、よくわかっています。

エスプレッソでないというのもポイントで、「誰にでもブラックで飲みやすいすっきりとした味」を作っているのはポイントです。

エスプレッソはやはり「ミルク」や「シロップ」をつけないと飲めない人も少なくないと思いますが、それだと日常的にコーヒーを飲む人からすると「脂肪摂りすぎ」や「糖分摂りすぎ」・・・・・・という不安を煽る結果となってしまいます。

セブンの快進撃の理由は、値段だけではありません。

おそらくファミリーマートは競合しているエリアでは苦戦を続けるのではないかと思います(まあ価格が下がったことで、だいぶ楽にはなると思いますが)。