image

昨日は、ボーイスカウトの打合せの後、軽快に淀屋橋から西天満へと移動中に交通事故に遭遇、信号無視の自転車が綺麗に出会い頭ではねられて、3メートルほど吹っ飛びました。

被害者(?)は幸い頭から血は流しているものの意識はあり、即119をして本人の様子を見ると「急いでるんです」とその場を立ち去りたそうな雰囲気。

まあ良くある「パニック(現実を受け入れられない)」なんだろうけど自転車を拾いに行ったり、とやたらとウロウロしていました。
(事故をしたという現実は変わらないので、それは受け入れましょう)


こういう場合まさかはたく訳にもいかないのですが、抑制した方が良いのかな?まあ、それじゃ訴えられちゃうか。

とりあえず自転車拾いを手伝って(じゃないともう一度はねられかねない)通りがかったパトカーに引き継いで、救急車到着まで確認して完了。

自転車は前輪が飛び+パンク、サドルの土台が衝撃でズレて、フレームもリアが曲がっている状態。

綺麗に飛んで、自転車がうまく衝撃を吸収して、うまく倒れたように見えたのでこれで済んだんだね(頭の中までは見えないけど救急車に乗ってたところまで特に変わった様子は無かったから大丈夫でしょう)。

良かった。


気が立って、何となく深酒に。

image