水素についてあまり興味が無かったが、トヨタが本気でやりそうなので少し考えてみたところ水素インフラは電気とはぶつからないように思う。


【作れる石油としての水素】



重要なのは水素循環社会というフレーズでありコンセプトだろう。

重要なのは「水素」という精製にエネルギーはかかるものの大気中を循環して差し支えの無いものを「エネルギー源」つまり「石油の代わりにする」という事だ。

精製にかかるエネルギーは「太陽光」などの自然エネルギーを活用することでクリアされうるし、これが「自然エネルギー活用」のハードルを高くしている「不安定さ」を補う要素にもなる。

ギガソーラーと呼ばれるような大型の太陽光発電設備はその発生した電力の活用について現在のところ「一社独占」の電力会社への販売以外に道は無い。

しかし「水素で備蓄し販売も可」となれば話が変わってくる。
バッテリーと違い「物質」である水素は条件さえ整えば「減衰なく(長期間)」「安価に」蓄積することが出来る可能性が高い。


【個別配送網としては電力網のほうが有利】



僕は個人的には水素自動車はうまく行かないように思う。

厳密に言えば「自家用車の置き換え」には向かないと思う。

水素自動車は「業務用車両」向けの技術、インフラとして小さな形に残るのみとなるのではないだろうか?
(タクシーのガススタンド程度に配備されて終わるのではないか)

いかに水素が軽くても「物流」はやはり不利だろう。


自家用車のような「小さな用途」はEVの圧勝となるのではなだろうか。

さらには当然家で使う様々な家電にはバッテリーが積まれる(積まれている)、それだけでなくテスラとパナソニックの協業で作られる「家庭用大型バッテリー」は自然にスマートグリッド(賢い電力網)を実現してしまうのではないか?とも思う。

つまり「備蓄資源、エネルギー源」は水素、「一般利用、短期的な備蓄」は電力網(バッテリーを内包した)が担う未来だ。


【EVは簡単だ】



とはいえだから「クルマでトヨタは負ける」という話ではない。

「水素」は「石油」と競合するものだからだ。


じゃあトヨタは自動車をあきらめて22世紀のエネルギー企業になるのか?
もちろんその線もありうる話だ。

しかし、とりあえずこの数十年の話として考えればトヨタはあるタイミングで「EVを作り始める」というのが一番素直な予想だろう。


全自動工場が必ずしも優位でないからトヨタは工場を全自動にしていないにすぎないし、テスラの作っているレベルのEVが作れないからトヨタがやっていないのではない。

内燃機関を搭載する現在の「ガソリン車」よりもEVは製造が簡単なことは誰もが何度も繰り返し指摘してきた。

やらないのは単に「スケール的にトヨタは参入するメリットが無い」という事に過ぎない。


投資にはタイミングがある、テスラがある程度の「高級ブランド」になったとしても実際「ポルシェ、ベンツ、トヨタ」は現状ではそれを上回るブランドだし、タイミングさえ間違えなければそれは永続する。


僕はだからマスクはとりあえず置いておいて(彼が脱石油インフラという姿勢を示すほど、水素社会の実現に対する抵抗も緩くなるはずだからむしろ「煤払い」くらいに考えて大いに支援するべきだ)日本は、水素循環インフラに力を入れていくべきだろう。


952203c6.jpg



13日追記【水素関連記事】イワタニの記事ですが「ガソリン価格に連動して水素価格を決める」という記事が今日出ていました。