世間ではこの段階でも色々議論されているが、僕の予想ではApple Watchは商業的には必ず成功するだろう。

なんせ、別に他に「買うべき」という商品が無いのだから。
aw001_s



【問題はその後】


とはいえそれがAppleのバラ色の未来を意味しない。

Apple Watchが売れるというのはブランドの力「未来への期待」であって、買ってみた結果のほうが重要だろう。

そこにiPhoneのような「未来」がなければブランド価値自体がダメージを受ける。

とはいえ、世間の人がいうようにWatchに未来が無いと言っているわけではない。
未来には「発明」は必要ない。

iPhoneだって「発明」的には大したものではない。


Watchはよく出来たデバイスで誰かが「懐中時計型」を要求していたが、それだってあのバンドの方式であれば実現可能なのでは無いだろうか。

滑らかなボディは懐から取り出すのにも適切な形をしている。

あとは、ソフトとエコシステムで生み出される「価値(実現する体験)」でそれは実物をしばらく見てみないとわからない。


【ブランドの価値を確立するべき?】



それとは別に僕はAppleはもはや「永続的ブランド」を目指すべきだと思っている。

具体的には内部のモジュールをアップグレードすることで永続的にその端末を使えるビジネスに移行しても良いのではないか?

「ハンドホールドコンピュータ」はひとつの『カタチ』として確立されてしまったものだろうと思う。
腕時計同様だ、これは「ハンドホールドコンピューターの物語」は神話化して永続化するために今後のiPhoneは何らかのカタチで「永遠に使える」形に進めるべきだろう。

もちろんそれは、僕らの期待するようなプライシングでは難しいかもしれないが、一つの正道ではあるだろう。

そしてジョブスならやらなさそうなので、まさにクックに「期待」したい分野でもある。

952203c6.jpg