そういうわけで、ブログの進展が遅すぎてぜんぜん近況が報告できないので、近況だけの記事もたまには上げてみようと思います。

2月3日は自炊部だったんですが、いろいろあって松原まで行くことになりました。
これはその帰りに大和川の景色を撮影しました。
20100203大和川


そしてこの日には一個前の記事でアフィったお米も届きました。
この袋がなかなかお気に入りです。
20100203米30kg


2月4日はだるまへ、いつもは越源なのですがお休みだったので。。。
20100204新世界だるま


まあ、たまにはだるまも良いよね!安いしおいしい!

2月5日は淀川を通りがかるとなんか漁的なことをしている船を発見!
たぶんこれは伝法漁協の示威行為であろうと勝手に解釈していました。
20100205淀川を進む伝法漁協の雄姿?


雄姿!

2月8日はカレー鍋。
20100208自炊部カレー鍋


カレー鍋のスープは「鰹と昆布のあわせだし(ルーで決まっている水の量より1割くらい大目)」に「ローレルとガラムマサラ」を振って、カレールーを入れる。

野菜はカレーに入っているものを入れますが、たまねぎとキャベツは入れたほうが良いと思います、にんじんと小松菜は色味的においしそうになるので僕はいつも入れています。

あとは鶏肉・豚肉なんですが、今回はタラと海老と牡蠣にしました。
シーフード!

2月10日は中華ナベブームということで野菜炒めのつもりが冷ご飯があったのでチャーハンも。
20100210自炊部餡かけ野菜炒めチャーハン


野菜炒めはまず、コップ一杯の水に、しょうゆ、鶏がらだし、片栗粉を大匙1加えたものを用意。

煙が出るまで加熱した中華ナベにオリーブオイル、野菜(今回はにんじん→たまねぎ→白菜→とうみょう)を順番に入れてざざっと炒めて「炒め足りないかな?」というところではじめに用意したコップの調味液をナベに放りこんで20秒もいためたら、餡かけ野菜炒めの完成でございます。

チャーハンは具が無かったので、ニンジン、たまねぎのみじん切りを野菜炒めの要領で炒めて、冷ご飯投入、ほぐしながら塩コショウをぱぱっと二度ほど振り、醤油をたらたらと具の無いところに入れます(こがす感じで)。

大体ほぐし終わったら、卵を具の厚いところに入れて、必死こいてかき回すと完成。

中華は全体的に強火で行きましょう。

まあそんな2月の前半戦でした。