ブログネタ
アウトドア に参加中!
☆゜:。*。 *:.。☆..。100記事目記念☆゜:。*。 *:.。☆..。

<男鹿島偵察記もくじ>
全編一括版
分割版
1:出発 2:上陸 3:海 4:青井荘のオススメ 5:青井荘の設備紹介 6:探検 7:脱出 資料:瀬戸内海-家島-男鹿島

無事このブログが100エントリーを迎えることができました。
ありがとうございます!

特にこのブログの主な読者であるNさんありがとうございます。

さて、折角の100回目ということで、今回は少し変わったものをオススメしようと思います。

それは、"島"です。

男鹿島

この島に至る道筋は数奇です。
この島を紹介してくれた人は今から25年前にアルバイトとしてこの島に出会いました。

それから途中で幾度かの中断をはさみつつも、毎年夏になるとこの島を訪れていました。

その人は「折角だからこの島のことを誰かに教えてあげたい」という気持ちを持っていました。
そしてそのときたまたま通りがかったのが僕でした。

…まあ、通りがかったと言っても物理的な話ではなくて、mixiの同じコミュに所属していたということですが。

とにかく、そのとき僕がたまたま花見だかキャンプ(まあオートキャンプ程度のもんですが)だかをこのコミュニティで企画したのを見て「ぜひこの島でもなんかやろう!」と声をかけていただいたのがスタートでした。

それからさらに2年-2009年の今年ついにこの島でのイベントを発動すべく上陸したのです!


でまあ、これからの夏休みシーズンに向けて、そしてブログもキリよく100記事目ということもありましてこの特別企画をお送りします。


それでは皆さんお楽しみください。


この島は、男鹿島という島、古くから人がすみ、そしてその対岸である各地へと岩の切り出しに使われてきた奇妙な島。
大阪城の石垣もここから切り出され、また現代になっても巨大な埋立地が造成されるたびに、その姿を変えていくという不思議な定めを負っている……。

<男鹿島偵察記もくじ>
全編一括版


分割版
1:出発
2:上陸
3:海
4:青井荘のオススメ
5:青井荘の設備紹介
6:探検
7:脱出